iPhone 5のケース

今あえてiPhone 5のケースいやバンパーのご紹介です。

これまで3G、3GS、4(と)、5C(はカミさん)と変えてきたのですが、ここへきて私は未だに5を使っています。

‥というのも、いいタイミングでカメラにゴミが入って無償交換となり、未だもってキレーなiPhone 5だということがあります。


そんな折、レガシィを夜間iPhoneのライトで色々と見ていたところ、手が滑ってアスファルトへ落下。

まさにココでこそ使うコレだったんですが、幸いうまく落ちてくれました。


いろいろケース・カバーは使ってきましたが、最近ではより裸に近いバンパーを装着していました。

バンパーは、小石等の出っ張りがあった場合、画面や背面に届いてしまい傷がつくケースを注意点によく耳にしますが、今回は幸いバンパーのみが傷ついただけで済みました。


というわけで、役割を果たしたバンパーを交換するというなんとも本末転いや、新たな素敵なバンパーを探していたのです。

うーんこの

皆まで言いますまい。
バンパーとしては至高です。
Alloy X MONOという製品名で、Patchworksが出しているものです。
手作業のハイグレードアルミバンパーというのがウリ。
なんと、パッケージ(銀)の部分さえアルミっぽかったです。(余計な金を‥)


このバンパー、装着の際にネジを使わないのです。
んじゃどうやってアルミバンパーを装着するんだ?と思ってたのですが、バンパー部が絶妙の大きさで出来ており、ぴったり入っちゃうんですよ。


でアルミとiPhoneの間はラバーでひと巻きされてます。そのラバーの上に、アルミバンパーがひと巻き。
こんな構造です。
アルミでiPhoneを傷つけることもなし。
アルミバンパーは電波が悪くなると良く言われてますが、本製品は今のところ違いを感じません。
間にラバーがある分良いのだとか。