iOS8.1

8.0.2が来たと思ったら次のエントリーでもう8.1‥
最近更新が疎かであるとはいえ、時が経つのは早いですね。

iOSとそれから、我が家のMacBook AirOS Xのアップデートも来ていました。
Ver10.10。Yosemiteです。

しかし、ここでちょっと問題が発生しました。


MacBook Airは仕事でも使用するので、VM fusionを用いてWindowsを導入してるんですが、Yosemiteは、VM fusion 5では未対応。

起動しない。(いやちょっとどころの問題じゃないな・・)

まじかよー。。


仕方ないので、オンラインで最新版のVM fusion 7を購入しました。
ところどころが英語なもんでかえって日本語が怪しく感じつつも、無事購入。


なんでも6と比べても以下の優位点があるという(抜粋)
・Haswell Intel プロセッサ向けに最適化されており、Fusion 6 と比較してパフォーマンスが最大 43 % 向上
仮想マシン 1 台につき最大 2 GB のビデオ メモリを割り当て
・エネルギーへの影響を 42% 低減


うちのはMacBook Air (11-inch, Mid 2013)なので、Haswell向けに最適化されてるっていうし、43%向上を体感できるかなぁなんて思ったんだけど、それほどでもないかなー。

けど早くなったとのは確かですね。もう正直、物理端末と変わらない。