聖蹟桜ヶ丘 邪宗門について

今日は残念な知らせがありました。

私の人生の礎を築いた1人と言っても過言ではなく、大変影響を受けた桜ヶ丘邪宗門の珈琲屋マスターが、10月25日にお亡くなりになったとのことです。

在りし日を偲び、衷心よりご冥福をお祈り致します。


思えば10年来の付き合いでしょうか。

10年間ほぼ毎週、たった一杯の珈琲を飲むために2時間近くかけて馳せ参じておりました。

遠い中こんだけたくさん来るのならもうコッチに引っ越したら良いのに?
なんて、言われたものです。


仕事や難問に挫けそうになった時は、雰囲気の良い店内で珈琲を飲んでは目を瞑り、物思いに耽っているとマスターが話しかけてきて。
そこでの会話にはよく助けられます。

不景気になると宗教は儲かるってさ。私もやってみようかな。店の名前もそれっぽいじゃない?


人生の約1/3です。
そんな冗談を言ったり、相談事をしたりしながら過ごしてきた10年間ですが、ここでピリオドです。

マスターが安らかにお眠りになられることをー
合掌。