iOS5.1 ネットワーク接続を確立できませんでした

iPhoneiPad経由でアップデートに失敗し続けて、iTune(PC)からやっても同じく何度も失敗し、iOS5.1へのアップデートができなくて困ってました。

その場合は、以下の方法にてアップデート出来ましたのでご紹介します。


iPhoneiPadからの場合
一般→ネットワーク→Wi-Fi→{今繋いでるネットワークの矢印部を選択して}→DHCPDNSを8.8.8.8,8.8.4.4に設定。
すると、アップデートへ接続出来ます。
(BootPも勝手に8.8.8.8,8.8.4.4に変わります)


■iTune(PC)からの場合
Mac
ネットワーク環境設定から、詳細を開き上記と同じくDNSに8.8.8.8と8.8.4.4を追加する。

「Win」
ローカルエリア接続→TCP/IPのプロパティからDNSに8.8.8.8と8.8.4.4を追加。


やってることはどれも同じ、DNSへ8.8.8.8と8.8.4.4の追加ですね。


これはGoogle Public DNSなんです。


本来はパブリックDNSですからその目的らしく、細かい説明は省きますが、要はWebが速くなるというもの。


これを設定した当方の3GSと、設定してない嫁の4で比べてみましたが、同じWi-Fi下でSafariのキャッシュ全部消し状態でYahooのホームページの表示スピードを測って見たところ3GSに軍配。


あきらかに違いを体感できます。
お試しあれ!


※8.8.8.8と8.8.4.4の間は「,」カンマですのでお間違えなく。