W650キャブセッティング

なのに、食い物の写真ってどうした?

って感じなんだけれども、会社の同じ建屋にいる某エンジニアたる先輩が、バイク(特にKawasaki)にとても詳しく、いつもの狭い喫煙所にてひょんな話題で盛り上がった。


 rj 『いやぁ実はGWに旅に出ましてね?今財布に入っている金だけで旅に出ようっていう一人称企画なのですが』

先輩『なんですかそれは(笑)高速代も?お金もおろさず?』

 rj 『えぇそうなんです。ガソリン代も、飯も、すべて含みでです。』

先輩『で、どちらまで?』

 rj 『ぶらりと、日光界隈を延々400kmの日帰りの旅でした。』

先輩『すごい・・です・・。』

 rj 『今度、ツーリング行きましょうよ!』


そう。先輩は当社で暗に組織されるツーリング同好会の一員でもあったのだ。
まぁこんな、なんらたあいもない会話の中でひょんな話へとシフトするのだった。


 rj 『実はフロントフォークカバーのヘッドライトステーが曲がってしまいまして、家へと帰るたび、ダブロクを眺めては涙目なんです。』

先輩『あらら・・。』

 rj 『ステーは買ったんですが工具がなくて作業できないんですよ・・。それともう一個ありまして、マフラーはフルエキ(POSH:W1タイプフルエキゾースト)に変えたんですけども、抜けが良すぎてアフターすごい鳴りますし・・。一応、乗っちゃ降り、乗っちゃ降りて、パイロットいじって合わせたのですけどどうもダメで・・。2次エアカットも考えたんですが根本的にガスが薄いので、もっとシビアにキャブセッティング出したいなと思ってるんです。最悪ジェット交換かな、とか思いつつ・・』

先輩『今度休みの日にでもうち来てくださいよ、30分もあればステーは終わりますし、バキュームメータもあるからキャブセッティングもしてあげられますよ』

 rj 『 (´;ω;`)ブワッ 師匠っ!』


かくして、絶好調になったW650と、17年前のNinja900の二台で大磯にて開かれるKawasaki試乗会へ遊びへ行き、そのまま真鶴有料道路へのり、途中にある竜宮亭で、マグロカツ丼をいただいた。
最後に店のおばちゃんがデザートをサービスしてくれた。むぅ・・ウマい・・

と、その写真がこれだったのである。


フリが長げぇ(笑)

帰路、お互いのバイク交換してNinjaに少し乗らせてもらった。
見ろ、俺のダブロクがおもちゃのようだ!フハハハハ!
以上!